• コース案内

    語学学校のコース内容は様々!各プログラムの特色をご案内致します!

    総合英語 インターンシップ IELTS TYC/TECE
    会話専門コース TOEIC Cambridge 通訳/翻訳
    ビジネス英語 TOEFL TESL/TEFL/TKT 進学準備 (EAP)

    カナダの語学学校といっても、500人以上就学する大規模校から50人程度の小規模校まで様々な学校があり、さらに各学校の特色を出した様々なプログラムがあります。
    ここでは語学学校で学ぶ事が出来る主なプログラムをご紹介致します。

    ESL(総合英語)

    ESLとは『English as a Second Language』の略で、英語を母国語としない人の為の英語カリキュラムの事です。
    インターナショナル・スクールや長期海外生活経験者でない限り、日本から来る学生の殆どが最初に入校する事となります。
    このコースでは文法、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングなど、基本的な英語を学ぶ事が出来ます。
    クラスのレベルもアルファベットから学ぶ初心者から、大学進学の為の上級者まで細かく分かれており、自分に合ったレベルの授業を受ける事が出来ます。

    会話専門コース

    基礎英語の中でもListening(聞き取り)、Conversation(会話)、Pronounciation(発音)に重点を置いた会話専門コースもあります。
    日本人向け、会話に重点を置いたコースで、2つ目の学校として会話を伸ばしたい方が受けられるケースが多いです。

    ビジネス英語

    カナダの企業で将来働きたいと思っている方や、日本に戻って外資系または英語に携わる仕事に就きたい方にはBusiness English(ビジネス英語)がお薦めです。
    授業では、ビジネスレターの書き方や英語でのプレゼンテーションなど、ESLとは全く違う実用英語を学ぶ事が出来ます。英語環境の職場においての英語でのコミュニケーション能力のトレーニングを重視している為、会話重視のプログラムであり、会話を伸ばしたい方にもお勧めです。
    但し、ビジネス英語を受講するにはESLで中級以上のレベルが必要となってきます。 学校によっては、プログラム終了後にカナダの企業でのインターンシップもをすることも可能です。

    インターンシップ

    インターンシップとは主にコースを取得後、その後実際に現地の企業で働いて、カナダで就業経験を積む事です。
    これからの世界のビジネス社会において英語のスキルは不可欠です。 日本で培ってきたビジネススキルや、カナダで学んできた語学力を活かして、現地の社員と同様に実務をこなしながら経験やビジネスマナーを身に着ける事が出来ます。インターン先での仕事内容が高く評価された場合、そのまま正社員として採用される可能性もあります。
    いくつかの語学学校では専門コースの受講と、インターンシップの手配を行っているので、コース修了後、実際にカナダでの企業研修が出来ます。企業研修期間は4~12週間。海外という大舞台で生きた英語を使いがら『働く』インターンシップ体験は、あなたの将来への確実な一歩になるでしょう。

    TOEIC

    TOEICは『Test of English for International Communication』の略称です。
    非ネイティブスピーカーの英語には多かれ少なかれ訛りが入ります。発音だけではなく、表現方法も独特のものがあります。これはそれぞれ母語の影響を受けている為です。
    TOEICにはこれらノイズは一切入っていません。その国独自の文化的背景や言い方を知らなければ解答できない様な問題は排除されおり、外国語として英語を学ぶ人にとって、手本とすべき、理想的な英語と言って良いでしょう。将来、英語を使った仕事に就きたいと考えているならTOEICを受講しましょう。
    また、日本での就職時に、英語力の判断としてTOEICのスコアが参考にされる事が多く、日本の人気資格ランキングでも絶えずベスト3に入るなど、資格としてスコア取得をお考えになる人も多いです。

    TOEFL

    TOEFLとは、『Test of English as a Foreign Language』の略で、英語を母国語としない人を対象とした英語能力テストの事です。
    アメリカ、カナダ、英国、オーストラリア等の英語権の殆どの大学・大学院で、留学生への入学条件としてTOEFLの点数を設定しています。よって アメリカやカナダの大学を目指す留学希望者は、TOEFLで必要なスコアを取らなければなりません。大学によって必要なTOEFLスコアは異なります。海外の大学・カレッジへの入学を考えているならTOEFLを受講しましょう。その内容はアカデミックと言われる、文法、語彙力、リーディング、ライティングを重視したもので、大学などでの講義を受講するのに必要な英語力を養うものです。
    但し、新カリキュラムにより、リスニング、カンバセーションも重視され、総合的な英語力を学ぶように変更されつつあります。

    IELTS

    IELTSとは、『International English Language Testing System』の略で、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダへの留学・就労・移住希望者などを主な対象とした英語能力判定テストです。
    それらの国々に移住したいといった場合に必要となるもので、『聞く』『読む』『書く』『話す』の4つの能力を総合的に判定する資格試験です。 移民に必要なスコア取得にはIELTS、それぞれのテストに備えたプログラムを受講する事がお勧めです。
    近年では、北米のカレッジや大学でも留学生の英語力判定試験として認められており、IELTSを学ぶ留学生が増えてきています。

    Cambridge

    イギリス、ケンブリッジ大学が統括している国際的な英語検定試験です。
    日本ではまだ知名度は低いですが、世界的には最も普及している英語試験であり、海外への大学、短大へ進学を目指す方は、英語レベルの証明に最適な試験です。この試験の特徴として、英語の知識量を測るだけでなく、総合英語力を測る目的のテストなので、文法、ボキャブラリーだけではなく、総合的に英語力が問われます。
    試験内容は、グラマー、リーディング、ライティング、リーディング、スピーキングの5つの科目からなり、それぞれAからEの5段階の評価で合否が判定され、A、B、Cは合格で、D、Eは不合格です。

    TESL/TEFL/TESOL

    TESL/TEFL/TESOL とは 『Teaching English as a Second (Foreign) Language』の略で、英語が母国語でない人に英語を教える事で、言い換えれば英語教師養成プログラムです。
    このコースは、英語教師を目指している方向けで 英語の教育方法を学ぶ事が出来ます。プログラムに入る為の条件は易しくなく、TOEICなら650点以上が必要目安とするところが殆どです。

    TYC/TYCE/J-Shine

    TYC/TYCEとは『Teaching Young Children』という、主に3歳から12歳児対象の英語教育法を学ぶコースです。
    TESL同様、これらのプログラムにも実習が含まれます。TYCは帰国後子供に英語を教える仕事に就きたいという人にはピッタリ。TESLやTYCのような英語講師プログラムはプログラム中にレッスンプランを立て、実践的な講師を養成します。子供好きで子供に関わる仕事に就きたい方に子供にどのように接していったら良いかを基礎から学ぶコースでもあります。
    さらに、文部省認定の小学校向け英語教師資格、J-Shine取得コースもあります。

    通訳/翻訳

    殆どの方は、日本に帰国後、就職活動または復学される事と思います。
    帰国後に必要な英語力とは、日英の翻訳力です。もし就職後に英語力が必要になる場合、殆どは海外の取引先とのやり取り、講師として日本人に英語を教える、その他日本語と英語の間での翻訳作業が中心となります。通訳・翻訳コースとは、通訳・翻訳家を目指す方の為に、幅広いボキャブラリーと翻訳力を身に付けるコースです。
    またご自身の英語力を一段階上げる為、英語を日本語に、日本語を英語に正しく翻訳する能力は、英語力を一段階上げ、実践的な英語力を身に付ける事が出来ます。

    進学準備(EAP)

    大学やカレッジに進学する為に必要な英語力の証明として、一部の学校で行われている、大学、カレッジ編入プログラムです。
    このコースを受講し、卒業すれば、進学に必要な英語力の証明が免除されるものです。内容は、大学やカレッジで必要な、講義を英語で受講する為の英語力を学ぶもので、語学学校のコースの中ではレベルの高いコースとなっています。但し、大学やカレッジへの出願時にTOEFLのスコアが必要無く、確実に入学出来る点がお勧めのポイントです。

    スコア換算表

    英検 TOEIC IELTS PBT-
    TOEFL
    CBT-
    TOEFL
    IBT-
    TOEFL
    Cambridge
    1級 940 9.0 675  295 120 CPE
    1級 930 8.5 660 280 117 CPE
    1級 920 8.0 640 273 112 CPE
    準1級 900 7.5 620 260 105 CAE
    準1級 850 7.0 587 240 95 CAE 大学
    準1級 800 6.5 570 229 89 CAE 大学
    準1級 750 6.0 550 213 80 FCE カレッジ
    準1級 700 5.5 525 197 71 FCE EAP
    2級 650 5.0 500 173 61 FCE EAP
    2級 550 4.5 480 140 50 PET
    2級 450 4.0 460 132 40 PET
    2級 380 3.5 400 * 30 PET
    準2級 320 3.0 380 * 20 KET
    準2級 290 2.5 350 * 10 KET
    準2級 200 2.0 300 * * KET
    準2級 * 1.5 * * * KET
    * * 1.0 * * * *

    最後に

    こちらでは語学学校で学ぶ事の出来る主なコースを取り上げており、その全てではありません。ウィル留学センターでは、何をしたいのかという希望をお伝えしていただければ、皆様のご希望に沿った学校選びを致します。皆さんとご一緒に、より良い総合的な留学プランのご提案をさせて頂きたいと考えております。
    a
    語学学校のお問い合わせは下記よりお気軽にお願い致します。