• Co-opビザ(Study & Work)

    Co-opビザについて、詳しく説明致します!

    Co-opビザとは?

    Co-opビザは学生ビザを基盤としたワークパーミット(※正式には、Study Permitに付随するCo-op Work Permitです。便宜上、こちらでは「Co-opビザ」と呼んでいます。)カレッジや職業訓練校などで、インターンシップや職業体験がプログラム修了の必須条件になる場合に発行されるビザです。語学学校でのCo-op取得は現在行なう事ができない為、必ず規定のカレッジ等への入学が条件になります。
    また学生ビザが基盤になる為、就学期間と同等かもしくはその期間よりも短い期間の就労が認められます。

    Co-opビザとワーキングホリデービザの違い

    ワーキングホリデービザは観光、就学、旅行と特に規制がなく行なうことが可能です。しかし学校への通学期間は6ヶ月以内と決まっており、延長や2回目の申請を行なう事は出来ません。またワーキングホリデービザの申請には年齢制限が設けられています。

    一方Co-opビザは学生ビザが基盤になっている為、学校に通うことが大前提です。しかしカレッジでの就学中はパートタイムでの就労が認められ、その後インターンもしくは職業体験期間にフルタイムでの就労が認められます。年齢制限はない為、ワーキングホリデーの条件をクリアできない方でも、カナダでの就労のチャンスが与えられます。また一度しか申請ができないという規定はありません。

     

    Co-opのお勧め学校 

    学校の特徴
    ILAC School of Service Excellence
    カナダの大規模校ILACがプロデュースする、カスタマーサービスの職業訓練校。テストに合格すると奨学金も貰えるお得なプログラム。
    専攻可能分野:接客業界
    Connect+ IBTカレッジ/Anderson College
    デジタル英語教材を使うユニークな授業を行なうConnectでの授業とカナダ人率9割のカレッジとコラボしたプログラム。
    専攻可能分野:ビジネス業界/IT業界/観光・接客業界/美容業界/医療業界/幼児教育
    WTC+ IBT College
    しっかり勉強できる環境を整えたWTCだからできた、多彩なプログラムがIBTカレッジから選べるプログラム。4ヶ月間しっかり英語の勉強も含まれています。
    専攻可能分野:ビジネス業界/IT業界/観光・接客業界/医療業界
    KGIBC
    KGICが持つカレッジ。既に一度社会に出たことのある生徒さんが多く、自らの経験等を交えながら実践に近いシチュエーションスタディーが出来るプログラム。
    専攻可能分野:ビジネス業界

    Quest Language Studies+ IBT College/ Cestar College
    最低8週間の語学研修後に就学と就労が行なえます。日本でも就職に有利なモバイルアプリケーションの作成者になるためのプログラムなど専攻が豊富です。
    専攻可能分野:ビジネス業界/IT業界/法律業界/観光・接客業界/美容業界/医療業界