• トロントについて

    トロントについてのご紹介致します。

    カナダ・オンタリオ州の州都であるトロントは、カナダ最大の都市です。
    トロントとはカナダ先住民の言葉で「人の出会う場所」と言う意味で、人口の約半分が世界各国から集まった移民で構成されています。 カナダの文化、経済の中心であるこの街には、約300万人の人々が暮らしています。
    さらに周辺地域を含めた経済圏としては600万人となっています。カナダ経済の中心であり、カナダの主な企業の拠点があり、大手日系企業もトロント周辺に数多く進出しており、アメリカを含めた北米でも有数の都市です。とは言え、郊外には自然も広がり、カナダの文化、自然を体験するのに適しており、最もカナダらしい街と言えます。
    ここでは、そんなトロントの生活事情、留学事情を中心に街の特徴をご紹介いたします。

    マルチカルチャーの街

    トロントは人口の半分以上が移民によって構成されている街です。
    市内には80以上のエスニックタウンが存在し、世界中の国から人が集まり皆それぞれ共存して暮らしています。よって英語が話せない人も沢山。多少英語が話せなくても、皆コミュニケーションを取ろうと努力してくれます。トロントでは、英語が話せないからと言って差別が殆ど無いのです。
    同様に性別や人種、宗教の差別が無い、世界でも稀有の大都市です。今まで何度も、世界で最も暮らしやすい街として紹介されている所以でもあります。

    エンターテイメントの街

    トロントはエンターテイメントの街です。メジャーリーグやNBA、カナダの国技であるアイスホッケーなどのスポーツ観戦や、世界4大映画祭に数えられるトロント映画祭が開催され、開催時には多数のハリウッドスターが訪れさらに街全体が華やぎます。また大都市ならではのミュージカルやオペラ・バレエなども楽しめます。
    さらにトロントでは様々なアーティストのライブが頻繁に開催され、気軽に音楽を楽しめる環境にあります。カナダ出身アーティストにはセリーヌ・ディオン、アブリル・ラビーン、シンプルプランなど世界的に有名人が多数おり、音楽シーンも活発な場所です。
    さらにトロントの夏は毎週末がフェスティバル! 世界一のゲイパレード「ゲイ・パレード・プライド」をはじめとした世界に誇るフェスティバルが数多く開催されます。学校で習う勉強だけでなく、北米の文化を肌で感じながら学べる場所です。

    教育の街

    トロントの教育事情ですが、世界的に高い評価を受けている学校が多く大学よりノーベル賞受賞者を数多く輩出するなど、教育環境が充実しています。人口の半数以上が移民という背景を裏付けるように、英語を母国語としない外国人でもスムーズに教育を受けられる制度が整っています。
    トロントには3つの大学、4つのカレッジ、100以上の専門学校、そして50以上の語学学校があり、他都市に比べて質の高い環境かつ国際色豊かな環境が維持されており、理想的な留学環境を提供しています。
    英語だけでない専門的な教育を受けられ、かつ企業へのインターンや就職などキャリアアップの環境が整っている街でもあります。トロントは語学習得はもちろん、カレッジ進学なども専門留学、その後の就職など日本の留学生にとって総合的に環境が整っている街と言えます。

    住みよい街

    北米の大都市で、こんなに治安が良い大都市はなかなか無いです。東京よりも治安が良いです。24時間バスが循環していたりと交通機関も発達しているので、暗い夜道をひたすら歩くなんてケースもありません。女性でも安全に暮らす事の出来る街です。
    また、トロントには四季があり、一年を通して湿気が少なく過ごしやすいのが特徴です。特に秋の紅葉はすばらしいの一言です。冬はさすがに寒いですが、地下鉄や地下道が発達しているので、生活をするのにさほど困ることはありません。
    さらに、トロントの夏は湿度が日本に比べ低い為快適に過ごすことができます。世界的にも有名な様々なイベントやフェスティバル、野外コンサートが毎日のように開かれます。カナダのエンターテイメントの中心であるトロントで、夏の楽しさを体験しましょう!

    旅行に最適な街


    トロント近辺には、世界的に有名な観光地が多数あります。
    ナイアガラの滝や、モントリオール、ケベック、オタワなど
    カナダ東部の旅行へ気軽に出かけられますし、
    ニューヨークを含めアメリカへの旅行にも便利な場所です。
    またカリブ海やメキシコ、そしてヨーロッパへも、
    日本出発に比べて格安で訪れる事が出来ます。

    求人の多い街

    近年、急速な街の拡大で求人が増え、ワーキングホリデーの方にとって仕事が見つかり易くなってきています。日本食レストランなど、日本人が働きやすい環境だけでなく、カフェやファーストフードなどの外食産業や、ブティックや雑貨屋などのサービス業でも日本人が働く状況が多く見られます。さらにがんばれば、専門的な仕事が得られるチャンスも十分にあります。
    そこで問われるのがやはり英語力。英語が話せるようになれば、仕事内容の選択肢が広がります。ぜひ、英語環境で働くという経験を皆さんに積んで頂きたいです。