• LGBTライフ

    トロントでのLGBTライフをご紹介します

    トロントでハッピーLGBTライフ!

    海外ではみんなどんなLGBTライフを過ごしているのでしょう?
    ココではトロントの素敵LGBTライフをご紹介します。
    ※=L(レズビアン)、B(バイセクシュアル)、G(ゲイ)、T(トランスジェンダー)、Q(クエスチョニング/クィアー)の頭文字を取ったもので性的少数者を意味します

    LGBTのメッカ:Church X Wellesley

    カナダ、特にここオンタリオ州トロントではLGBTに対してとっても寛容な都市。
    そんなトロントにはやはりLGBT人口が多く、その中心となっているのがココChurch x Wellesley。
    “ビレッジ”という愛称でも親しまれています。
    LGBTのシンボルであるレインボーサインがいたるところに掲げられLGBTじゃなくても訪れやすく、誰が歩いてても違和感ナシ、“みんなウェルカム!”な雰囲気のネイバーフッドです。
    毎年夏に行われる「プライドパレード」など様々なLGBTイベントの際にはこのエリア全体が盛り上がり、沢山の人で賑わいます。
    LGBTの方で初トロントならば先ずはこの“ビレッジ”散策から始めてみてはいかがでしょうか?

    同性婚が法律で認められている国:カナダ

    カナダでは国内全土で同性婚が可能な国!
    ここオンタリオ州では2003年に法律で認められ(オンタリオ州がカナダで一番乗り!)、2005年にはカナダ全土で同性婚が認められました。
    カナダでは夫婦、夫夫、婦婦という婚姻関係を結ぶ事が可能なのです。カナダは在住者以外でもカナダで婚姻関係を正式に結ぶ事を認めている為、国外から沢山のLGBTカップルがカナダを訪れ挙式をあげています。
    居住の有無に関わらず婚姻を認めるのはカナダが唯一の国であるとも言われています。
    とても柔軟な考えを持った国、それがカナダなんです。

    この日は全力で楽しむ:プライドパレード

    毎年6月末(もしくは7月最初の週末)にかけて盛大に行われるプライド・パレード!今や世界の様々な国/地域で開催されるようになったプライド・パレードですが、トロントのプライド・パレードは北米最大規模と言われています!この日は男も女も、子どももお年寄りもLGBTもみーんながお祭りムードです。
    もともと「ゲイ」というのは「ハッピー」という意味である事から皆がハッピーにこのパレードを楽しみます。2016年はジョン・トーリ(トロント市長)をはじめ、自らが同性愛者である事を公言しているオンタリオ州のキャサリン州知事、そして、カナダの“イケメン”ジャスティントルドー首相もパレードに参加しています。
    民間、政府レベルでもLGBT支援者が多いのがカナダのいい所です。

    とってもオープンなトロントのLGBT

    LGBTだから、ストレートだからといって集まったり遊んだりする場所は関係ありません。ストレートの友達を誘ってビレッジにあるバーやレストランでショーを楽しんだり、ビレッジ外でもLGBTカップルが手を繋いで歩いていたり、というのもトロントではごく普通の光景です。
    LGBTとストレート女子が色々と質問し合うテレビ番組もあったりと、何でもオープンに話し合う事ができるのはステキですよね。