• カレッジ留学

    カレッジで語学力+専門知識を身に付けたい方へ。

    カナダのカレッジへ進学し、英語力をさらに高め、世界で通用するスキルと知識を磨く。


    カナダで職務経験を積み、キャリアアップ、永住権取得を目指す。
    日本からカナダの大学・カレッジへ進学する留学生は年々増加傾向にあります。英語力だけでなく、日本でも世界でも通用する能力や知識を得て、さらにキャリアを積むことが可能な教育先進国カナダでの進学。「外国で進学なんて無理」「日本で大学を出ているから必要ない」といった固定観念に捉われず、思い切って日本を飛び出して、北米ならではのグローバルな視点からの教育を受け、その知識やスキルを生かせる就労経験をカナダで積んでみませんか?

    また、カナダ進学とその後のカナダでの就職により一定の条件を満たす事で、永住権を取得出来る制度がカナダにはあります。「カナダに残ってまだ勉強したい」「ここカナダで、アルバイトではなく正社員として雇用されたい」とお考えの皆さん、将来のプランの1つとして、大学やカレッジへの進学を考えられてみてはいかがでしょうか。

    カレッジ進学のメリット

    国際社会で通用する
    教育を受ける
    日本の教育機関で学ぶ以上に、国際的な視野を広げる事が出来ます。特にディスカッション、ディベートやプレゼンテーション等、交渉力を養うプログラムが多く用意されており、国際競争力が必要となりつつある日本企業就職への近道となるでしょう。
    高い英語力を身に付ける カナダ進学で身に付けた、コミュニケーション力を伴う高い英語力は、日本での就職に有利です。
    北米企業で働き、
    キャリアを積む
    大学やカレッジで学んだ知識を基に北米企業で就労する事は、確実にキャリアアップに繋がります。北米でのキャリアは日本での就職のアドバンテージとなります。
    永住権取得も可能 カナダの永住権取得に関する法律が改正され、現在、2年以上のカレッジ/大学進学と、卒業後1年以上のカナダでの就労経験があれば、カナダの永住権を取得する事も可能になる制度があります。※条件に関する詳細は下記をご参照下さい
    □ http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/cec/index.asp
    最大3年の労働ビザ取得可能 1年のカレッジ/大学進学で1年、2年以上の進学で最大3年間の労働ビザが取得出来る制度があります。※条件に関する詳細は下記をご参照下さい
     http://www.cic.gc.ca/english/study/work-postgrad.asp
    通学中も労働ビザをもらえる カレッジ/大学通学中も、各学校の規定を満たせば週20時間までのアルバイトが可能な労働ビザを取得できます。
    英語初心者でも
    最短1年で進学
    英語初心者でも最短1年間のカナダ留学で十分進学が可能です。

    カレッジの特徴

    地元の産業や住民のニーズに応じた、幅広い専門プログラムが開講されている事がカレッジの最大の特徴。例えば、会計、マーケティング、コンピューター関係、旅行・サービス業、ファッション、保育、教育者養成など、100種類近くもの異なるプログラムが毎年開講されています。

    1年から3年程度のプログラムを卒業する事で、高い語学力と専門技能を持った人材として、日本帰国後の就職活動において強くアピールすることが出来るでしょう。

    また、留学生がカレッジに1年以上就学する事により、1-3年のオープンワークパミットを取得することも可能。将来、カナダへの移民を考えていらっしゃる方には、カレッジへの進学も選択肢の一つとなるのではないでしょうか。

    カナダ進学・就職の流れ

    1 基礎英語コース 3-6ヶ月 基礎英語力を付けましょう
    2 進学準備コース 3ヶ月 カレッジ/大学進学に必要な英語力を学びます。カリキュラムを修了すると、カレッジの英語テストが免除され、入学申請が可能になります。
    3 進学準備期間 3ヶ月 カレッジ準備コース入学申請、入学手続、ビザ申請に必要な期間。
    ウィルではカレッジ入学手続代行、ビザ申請サポートを無料で行います。
    4 カレッジ進学 1-3年 通学中、週20時間まで働ける労働ビザも取得可能です。
    また、カナダの大学へ進学をお考えなら、カレッジからの転入が最短距離!
    5 Co-op Program 4ヶ月 単位取得の一環としての企業研修にて、北米のビジネス環境を体験することが出来ます(インターンシップ付きのコースを受講する場合)。
    6 卒業後、
    労働ビザで働く
    1-3年 カナダで就労し、将来のキャリアアップへ繋げましょう。移民申請も可能となります。
    7 合計 2-6年

    カレッジ進学条件

    学歴 高校を卒業している事が最低条件です。
    また、日本の最終学歴が大卒と高卒では受講出来るコースが異なります。
    申込時期 殆どのコースが毎年9月入学ですが、1月や5月から開校するコースもあります。目安として、コース開始の4ヶ月前には願書を提出しましょう。
    期間 殆どのコースは2年ですが、1年や3年のコースもあります。

    必要書類

    願書 学校、学部指定の願書(弊社で準備しております)
    高校卒業・成績証明書 希望学部・コースによって両方提出の場合もあれば、最終学歴の成績証明書のみの場合もあります。証明書は日本語と英語両方を準備するのが 望ましいです。
    最終学歴の成績証明書
    英語力を証明するスコア 日本から入学を希望する場合はTOEFLやIELTSなどの英語のスコアが必要となり、TOEFLの場合、IBT TOEFLで80-90点程度。スコアが無い場合は、カレッジでの英語評価試験を受ける事も可能です。付属の英語コース受講や、提携の私立語学学校の規定レベル達成、または進学準備コース修了により英語試験が免除されます。
    その他 小論文や課題、ポートフォリオの提出、面接や試験が必要なコースもあります。

    英語力の証明

    外国人がカナダで進学する場合、英語力の証明が必要となります。
    以下に様々な証明方法をご案内します。

    難易度 費用 期間 入学後
    付属語学学校へ進学

    × ×

    エスカーレーター式に進学可能なので確実に進学が出来ます。但し、本科入学まで時間と費用がが掛かります。
    英語スコアの提出

    TOEFL、IELTSなどの英語力証明テストでスコアを出す方法。英語力のある方にはお薦めですが、英語初級からはかなりの時間と労力が掛かかります。
    直接試験

    ×

    英語力の高い人にはお薦め。但し難易度も一番高いです。
    進学準備コース(EAP)

    修了後にはカレッジの英語テストが免除され、入学申請が可能になります。
    カナダの高卒資格
    取得

    ×

    この方法でカレッジに進学すると基礎英語力が足らず、授業についていけない事も。また、近年この制度を利用して進学出来る学校が限られてきています。

    カレッジ進学についてのご相談やご質問は、下のお問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。