• インターンシップ体験談

    『情報収集がカギ』

    ■ Miyuki Teradaさん
    ■ 企業名: カナダ三井物産株式会社
    ■ 期間: 2ヶ月

    インターンシップ先の会社概要(業種や業界での位置等)をお教え下さい。

    日本を代表する総合商社の一つである三井物産は、世界各地で様々なビジネスを行っている企業です。鉄鋼製品、金属資源、プロジェクト、自動車、船舶・航空、化学品、エネルギー、食料・リテール、コンシューマーサービス、情報産業、金融市場、物流の各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開しています。

    配属先での一日の仕事の流れをお教え下さい。

    午前中は、Eメールチェックから始まり、ビジネスニュースの確認と配信、取引先や各事業体からのレターの振り分け、セキュリティシステムの管理や備品等の受発注や補充を行いました。午後は、日により異なります。TV会議やミーティングが行われる時は、board roomのセッティングをしたり、ご来客時はお出迎えやご案内、取引先や海外事業体へのレター発信、他部署に人材が必要な時は、他部署へ行ってボスから直接指示をもらい翻訳をしたり、シップメントの一覧表作成や書類整理・処理等を行っていました。意外だったのは、企業の顔とも言えるレセプションエリアのインテリアコーディネートを任されたことです。日本でインテリアの勉強をしていた経験が、まさかここで活かせるとは!提案した内容を気に入っていただき、ボスと相談して計画を進めていきました。

    インターンシップを受けてみて、難しかった点や悩み等をお教え下さい。

    日本で社会人経験があったこともあり、特に難しいと思える点はありませんでした。英語について分からないことがあっても、ボス達や同じ境遇で来ていた地元大学のインターン生達が優しく指導してくださったので安心して仕事に取り組めました。

    今後インターンを受けられる方へのメッセージや気をつけるべき点や事前に準備しておいた方が良い点等、ご自由にお答え下さい。

    インターン中は、ボスからの指示を受けて仕事を任されることが多いため、指示を理解し、すぐ業務を遂行できるよう、リスニング力をつけておいた方が良いと思います。そして、何事も積極的に取り組む姿勢や企業の皆さんとのコミュニケーションを大事にしてください。努力することで任される仕事内容も変わってきますし、コミュニケーションをとることでインターン中のモチベーションにも変化が出てきます。気をつける点としては、服装のことですかね。お世話になっていた企業はドレスコードがありましたので、急遽オフィスワークに相応しい服装を用意した経緯がありました。インターン先へ行く前に、しっかり企業の情報を得ておいて用意周到で挑んでください!

    インターンシップについての詳細はインターンシップをご覧下さい。

    お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。

    ご意見・ご質問・お問い合わせは下のお問合せフォームよりお気軽にどうぞ。