• オフィス利用感想

    井上 心さん
    2018年9月 – 2019年9月

    ■トロントを選んだ理由
    僕が留学先の都市を探していた時、譲れなかった条件が、バスケが好きなのでNBAのチームのある都市良かったのと、海外で働く経験をしたかったのでワーホリをやっている国がいいという2点です。その2つの条件を満たしている都市がトロントだったので、迷わずトロントを選びました。

    ■仕事の感想
    仕事は2つかけもちしました。どちらも日本食レストランですが、片方はビジネス街にあるランチメインのお店で、もう片方はディナーの時間帯に、高めのレストランで働きました。
    ランチのお店ではキッチンとして働きましたが、他のキッチンメンバーはみんな現地の人だったので英語環境で働けて良かったです。メンバーも中年のおじちゃんが中心で和気あいあいとした雰囲気でした。
    ディナーのお店は高級ジャパレスで、そこではディッシュウォッシャーという皿洗いの仕事をしました。ここではあまり英語は使いませんでした(そもそも人とあまりしゃべらないポジションです)が、まかないがおいしいのと、皿洗いでもチップがもらてていい収入になりました。

    ■趣味について
    バスケが好きでトロントを選んだのですが、滞在中何とトロントのNBAチームのToronto Raptorsが優勝したんです!!これはめちゃめちゃうれしかったですね!
    試合もシーズン中は7試合、プレイオフという決勝戦も5試合見ました。プレイオフ中はチケットの値段が高騰したんですが、最高1試合に$1,500払いました。ちなみに総額$6,000ほどRaptorsのチケットとかグッズに使いました(笑)色々な人にバカだと言われましたが後悔してないです(笑)
    NBA以外では、実際にバスケをやりました。メンバーは友達の友達だったり、ジムで飛び入り参加したりしました。飛び入り参加の時ですが、僕は見た目がアジア人なので(当たり前ですが)、「飛び入り参加したい」って言っても、「え?」って感じで見られるんですね。でも少し無理やりにでも入れてもらえれば、バスケを通して通じ合えるというか、スポーツに人種とか言葉は関係ないですね(笑)
    僕も体は大きな方ですが、カナダの人はもっと大きいので、日本のバスケとは違う感じも楽しめました。

    ■学校の感想
    語学学校はQuestという学校に行きました。勉強も頑張ったんですが、学校ではアクティビティが楽しかったです。アクティビティは参加できるものは全て参加しました。僕は入学時はほとんど英語が喋れなかったのですが、アクティビティには色々なレベルの生徒が参加するので、アクティビティの時はなるべく自分より英語力が高い生徒と一緒にいました。それで英語も伸びたと感じています。あとアクティビティを通してたくさん友達もできました。
    Questは僕の様に自分から積極的に行ける方、勉強もしたいけど、遊び(アクティビティ)も欲しい方にはぴったりだと思います!

    ■ウィルの感想
    ウィルさんには最初から最後までとてもお世話になりました!
    僕はどちらかというとトラブルメーカーで沢山問題を持ち込んでしまいましたが、いつも丁寧に対応してくれました。
    例えば渡航直後シェアハウスを探す時は、右も左も分からない僕にシェアハウスを探すサイトの使い方やおおすすめのエリアを紹介してくれました。またトラブル的なものでは、Ticket Masterというウェブサイトで買ったNBAのチケットが届かないトラブルがあったのですが、どうやって問い合わせたらいいか教えてくれました。到着直後は英語が全然できなかったのですが、問合せ用の文面も考えてくれました。無事にチケットも再送してもらえて、バスケの試合が見れたのもウィルさんのおかげです!
    その他大量のネットショッピング(主にRaptorsグッズ笑)をオフィスで受け取ってくれたり、ウィルで知り合った方から仕事の紹介をしてもらったり、イベントに参加させてもらったり、何から何まで本当にお世話になりました。
    お世辞抜きにしてウィルじゃなかったらトロント生活こんなに充実してなかったと思います!ありがとうございます。

    ■これから渡航する方へメッセージ
    トロントは冬は寒いですが、スポーツも盛んだし、ご飯はおいしいしおすすめの都市です!人もめっちゃ優しいので、英語に自信がない人がいたらトロントをおすすめします!

     

    ご意見・ご質問・お問い合わせは下のお問合せフォームよりお気軽にどうぞ。